老人性イボをサッと排除|塗り薬で治せるお手軽治療

横顔

若々しい肌への第一歩

女の人

老人性イボの最大の誘因は、紫外線です。外出の無い日も日焼け止めを塗るよう心掛け、日中も塗り直す習慣を作りましょう。手術で治癒が可能ですが、もっと手軽なケアを望む場合、老人性イボ用の化粧品が市販されています。

More…

若い人もできてしまうイボ

スキンケア

老人性イボとは、名前の通り加齢などで肌が老化してできやすくなるイボですが、早い人では20代からできてしまうので、若いうちから紫外線対策や肌のための生活環境の改善が大切になります。また、健康保険が適用さることがあるため、できてしまったら早いうちに切除することをおススメします。

More…

脂漏性角化症の対処方法

婦人

脂漏性角化症こと老人性イボは良性の腫瘍で、早い場合は20代ぐらいから発生し、年齢を重ねるとともに増加します。基本的に良性であるためにそのまま放置しても問題ないですが、見た目にも目立つために病院での治療やセルフケアなども人気があります。

More…

原因は紫外線

手鏡を見る人

さまざまなタイプがある

80歳を過ぎるとほとんどの人に老人性イボができるという。老化現象のひとつと言われているが、若者でも発生することがある。老人性イボの最大の原因は、紫外線である。1度受けただけで発生することはあまりないが、長年浴び続けるとイボとなって表れるという。大きさは1mmくらいのものから1cmくらいのものまである。形状も平たく少し膨らんでいるものや小さな球状のものなど、いろいろなタイプがあるという。代表的な治療方法だとレーザーがある。この方法は保険が適用されないのが難点と言われているが、即効性の高さで支持されている。最近は窒素の特徴を取り入れたガスレーザーがあり業界内で注目されているという。肌への負担が少なく、今後取り扱うクリニックが増えるのではないかと言われている。

ぬり薬も効果的

「老人性イボ」は「ぬり薬」でも改善される場合がある。ぬり薬には、皮膚科で処方されるものと、薬局で販売されているものがある 。皮膚科で処方される薬は肌への刺激が強くヒリヒリすることもあるが、早く効果が表れるという。しかし、最近では老人性いぼに効果がある化粧品も多数販売されている。診察を受ける必要もなく手軽に購入することが出来る点が魅力的だ。老人性いぼに効果がある化粧品には、杏仁オイル、ココナッツオイルが配合されていることが多い。使用感などは化粧品によって異なっている為、まずは試供品を使用して好みの使用感を持つ化粧品を購入しよう。試供品は店頭や公式サイトで入手出来ることがほとんどだ。