老人性イボをサッと排除|塗り薬で治せるお手軽治療

目をつぶる女性

若々しい肌への第一歩

女の人

紫外線カットが大前提

年齢とともに現れる老人性イボは、老けて見える原因の一つです。これを取り去るのが、いつまでも若々しい肌への第一歩でしょう。老人性イボは色が薄かったり濃かったり、突起が目立つものなど見た目は様々ですが、どれも最大の誘因は紫外線です。その証拠に顔や首元、腕など、年間を通して肌の露出が多い箇所にできやすいのです。老人性イボをこれ以上増やさないように、まずはしっかりと日焼け止めを塗りましょう。窓から差し込む光などにも紫外線は含まれるため、朝は日焼け止めを塗る習慣を作りましょう。また、一度塗ったから安心というわけではなく、日中もこまめに塗り直す配慮が必要です。首の後ろや足の甲なども、忘れずに塗るようにしましょう。

手術と化粧品での緩和

できてしまった老人性イボは、美容皮膚科などで手術ができます。手術の種類は様々で、レーザーや液体窒素で焼く手術など、イボの範囲や形状で異なります。しかし手術に抵抗がある場合、化粧品で緩和ケアをする選択肢もあります。老人性イボに効くと言われている成分は、ヨクイニンやドクダミエキスです。ヨクイニンはハト麦に含まれる成分で、皮脂の分泌をコントロールしたり、皮膚のターンオーバーを手助けします。これがイボに効くと言われている所以です。またドクダミエキスには殺菌効果があり、毒素の排出や抗酸化作用に優れています。これらが含まれたクリームが現在市販されており、使い続けることで老人性イボを緩和へ導きます。手術よりも手軽なケアとして、注目されています。