老人性イボをサッと排除|塗り薬で治せるお手軽治療

目をつぶる女性

若い人もできてしまうイボ

スキンケア

現代人が気を付けるべき点

老人性イボは名前だけ聞くと、お年寄りが加齢が原因でできてしまったイボの事を指すと思われがちですが、老人性イボは早い人では20代からできてしまうことがあります。老人性イボの原因は、紫外線による肌の老化と言われています。現代では、ビタミンC誘導体が配合されたスキンケア化粧品が人気を集めています。美白ケア化粧品も多く店頭に並んでいるため、美白ケアに需要が高まってきており、人々も紫外線の対策をばっちりと取っているようにも思えます。しかし、現代の人々のストレスを抱え込みやすかったり、睡眠不足気味になる傾向もあります。ストレスも睡眠不足も老人性イボの原因の一つとも言われているため、十分に注意する必要があります。

健康保険も適用

老人性イボの治療の方法は皮膚には特に被害がないため、そのままイボを放置していても特に問題はありません。しかし、どうしても気になるということであれば、イボが小さく数も少なければ簡単に取り除くことができるため、早めの治療を心がけましょう。治療方法は大きく分けて3つあります。1つは液体窒素を使って、イボを凍結させてカサブタを作り、自然と剥がし取る方法があります。2つ目は、炭酸ガスレーザーをイボに照射して除去する方法です。3つ目は電気メスを使って切除する電気焼却治療があります。また、液体窒素を使った凍結療法と電気メスや金属メスを使った外科的両方の場合は健康保険が適用されることがあるので、万が一悪性になる前に切除することがおススメです。